【大宮限定】ダイエットエステ比較ランキングTOP3

  1. 1位

    スリムビューティハウス 大宮店

  2. 2位

    たかの友梨

  3. 3位

    リフィート 大宮店

ダイエットエステが人気の理由を徹底解説

ダイエットエステが人気の理由その1.
女性らしいボディラインを作りながら痩せる事が出来るから

食事制限や激しい運動でダイエットを行ってしまうと女性の場合、細くなりたいところが細くならず、反対に太くなってしまう可能性や、細くなってほしくないところが細くなってしまうことが多くあります。 しかしダイエットエステでは、痩せたいけど痩せづらい部分を、しっかりサイズダウン出来るように、体質改善を行う事ができ、効率良く特に気になる部分を細くする事ができます。

エステは敷居が高いイメージがある方も多いと思いますが、 ダイエットエステは、高級感を味わうと言うよりは自分では落ちない部分を痩せる為に通う人が多いので、安心して通う事が出来ます。

ダイエットエステが人気の理由その2.ダイエットが継続しやすいから

自分だけで行う食事制限や運動などといったダイエット方法は、サポートがないため、つまずいてしまい、そのままダイエットを諦めてしまったり、リバウンドをしてしまう可能性が高くなります。 しかし、ダイエットエステでは担当してくれるエステティシャンやカウンセラーなどからダイエットにおける精神的なサポートや、正しいダイエット法を知る事ができるので、成功率がたかくなります。
ただし、ダイエットエステの中でも、無理な食事制限をするサロンも多いので、しっかりと見極める事が大切です。

これまでどうしてもダイエット続かなかった、リバウンドをしたというと思い切ってダイエットエステを始めることを考えてみると良いでしょう。

ダイエットエステが人気の理由その3.比較的楽に、気持ちよく痩せる事が出来る

いいダイエットエステでは、代謝を上げ痩せやすい身体作りながら痩せていく為、激しい運動や、辛い食事制限はなく楽に痩せる事が出来ます。
セルライトと言う硬くなった脂肪をなくすには、少し痛い施術もありますが、体質改善を行う上でむくみ・肩こりの改善などを行うサロンも多くマッサージで癒され、症状が軽減されていけば、
身体が軽くなり疲れづらくもなります。
仕事終わりやお休みの日に通うなら、さらに疲れる運動をするよりも身体と心を軽くしながら楽に痩せられるダイエットエステを検討してみていいのではないでしょうか。

大宮にあるエステサロンおすすめTOP3

スリムビューティハウス 大宮店

【美脚・セルライトケアの新常識】1回でサイズダウン

スリムビューティハウスは東洋美容を基礎とした健康的に美しくなる方法を推奨しています。
お客様相談室を設置し、無理な勧誘や不安なまま施術に挑むことのないようにお客様のメンタルケアにも力を入れています。
これまで30万人が体験をした人気の骨盤キャビテ―ションコースで、即効効果が実感できるといわれている施術を受けられます。

人気の理由
公式サイトはこちら

たかの友梨

抜群の知名度と実績

たかの友梨は40年以上の実績をもち、常に品質を向上させて進化するエステサロンです。
全国に店舗を持ち、店内はどこも清潔でラグジュアリーな空間を演出しています。
コース料金は明確になっていて、不当な聴衆はもちろんなく、返金システムもあるので安心して通うことができます。

公式サイトはこちら

リフィート 大宮店

脚痩せ専門サロンで理想の美脚

リフィートでは世界で一つ、オーダーメイド痩身ともいえる自分だけのオリジナル美脚プログラムを提案してくれます。
部分痩せをするには自己流ではなかなか達成できないという人が多いです。
リフィートはそういう方に大変おすすめできるサロンです。

公式サイトはこちら

基礎知識

部位別ダイエット

大宮でダイエットを始める

大宮市は氷川神社を中心に発展してきた街です。氷川神社は東京都と埼玉県の約200ヶ所に点在している「氷川神社」の総本社という位置づけの神社であり、大宮氷川神社とも呼ばれています。大宮の氷川神社は、大和時代にはすでに創建されていたと伝えられており、平安時代には平貞盛が氷川神社に戦勝祈願をしたことにより、平将門の乱を鎮圧することに成功したとされ、関東地方の武士たちから尊崇の念を抱かれ所領寄進を受けるようになったと言われています。

また、鎌倉幕府の初代将軍である源頼朝が、奥州征伐へ向かう途中、氷川神社に立ち寄り戦勝祈願をしたことで知られています。なお、現在の大宮氷川神社は、毎年お正月3が日の参拝客数が約200万人に達し、全国の寺社仏閣のなかでも大きな賑わいを見せています。

江戸時代に入ると、江戸(東京)を中心地にして地方へ向けて街道が整備され、中山道が通る大宮には大宮宿が整備され、宿場町として現在の大宮という街の原型が形づくられていきました。そして明治時代に入ると鉄道が敷設され、大宮駅が開業し、高崎線と東北本線の分岐駅という位置づけとなりました。さらに、1980年代には大宮駅を始発駅として、東北新幹線と上越新幹線が開業し、大宮市は埼玉県における商業の中心地と位置づけられることが決定的となりました。

2001年5月1日、大宮市、与野市、浦和市が合併して「さいたま市」が発足し、旧大宮市のほぼ全域は「さいたま市大宮区」となって現在に至っています。なお大宮区の最南端に位置する旧国鉄の旧大宮操車場跡地に「さいたま新都心」が街びらきをして、このエリアは2017年現在も開発が進められており人口も増加し続けています。

大宮にあるエステサロンおすすめTOP3